仮想通貨Quantum(クアンタム/QTUM)とは?分かりやすく説明

2016年12月に公開された仮想通貨の一種です。読み方はクアンタムと言って仮想通貨の表記ではQTUMまたはQUANTUMと表記されます。


スポンサーリンク

Quantum(クアンタム/QTUM)とは

シンガポールにあるQTUM財団により開発された仮想通貨でビットコインとイーサリアムの長所を取り入れた仮想通貨なのです。時価総額ランキングでは12位前後で推移しています。アルトコインは1500種類以上ありますがその中でも上位にあるのはやはり仮想通貨の時価総額が1位と2位を占めているビットコインとイーサリアムの長所が詰まっているということで市場から評価されているということだと考えます。

特徴・メリット

QTUMはビットコインとイーサリアムの長所を兼ね備えた仮想通貨ですがそれぞれの特徴がそのままQTUMの良さと言えます。

ビットコインの特徴はブロックチェーンのオープンソースと言えます。ブロックチェーンとは主に金融取引に応用されているネットワーク上の管理技術の一つでネットワークを構築しているそれぞれのコンピュータがそれぞれの取引の記録や処理を行うシステムです。中央集権的なコンピュータが不要ということでコストが割安で済むということと仮に一角のコンピュータが不具合を起こしたとしてもそれぞれのコンピュータがネットワーク全体を管理しているのでシステムの堅固さという面では高いです。

そしてオープンソースとしています。オープンソースとは技術について自由に使ってよいとするもので、それによってブロックチェーンの技術をビットコインだけの一人占めをせずに利用することができます。さらに、他の仮想通貨はビットコインの問題点を認識しており、ただ取り入れるだけではなく改良を加える形でより安全に処理スピードも速く行うことができています。

イーサリアムの長所であるスマートコントラクトも導入していますし、その導入方法はスマートコントラクトのデメリットを排除したものになります。
スマートコントラクトとは契約の自由化という意味なのですが具体的に言うと取引時に事前に設定していたプログラムを自動的に実行するシステムです。このシステムの最大のメリットは第3者を挟まずに取引が終了できるということです。

例として出されるのが自動販売機です。

1自動販売機にコインを入れる。

2飲み物のボタンを押す。

3押されたボタンの該当の飲み物を落とす。

4お釣りが出たら払いだす。

という一連の流れをプログラム化しているのです。これがもし、お店であれば商品を買うまでにレジに持って行って会計を行うために店員と言う人を介してしまうのです。
スマートコントラクト自体はとても素晴らしいものなのですが利用する際には事前にブロックチェーン全体をダウンロードしなければならずイーサリアムのブロックチェーン自体は複雑な構造になっているので起動が重いのです。そこで、QTUMはブロックチェーンのサイバー空間にイーサリアムのコントラクトを動かすシステムを構築しているのです。そのおかげでスマートコントラクトという安全なシステムを導入しておきながら高速さも維持することができています。


スポンサーリンク

さらに、取引承認に使うシステムにはproof of stakeを適用しています。ビットコインは取引承認に使うシステムをマイニングに頼っています。取引承認システムは決済や送金の処理をネットワーク上のコンピュータやユーザーが行っているのですがマイニングを行うコンピュータは高性能であることやユーザー側にも高度な専門性が要求されました。その働きによって仮想通貨であるビットコインを割り当てられていたのですがその方法では一部のコンピュータしかマイニングに参加できないために不公平が生まれてしまうと言う事と高性能コンピュータや専門性を持つユーザの選別は難しく取引量が増えるにつれて適したコンピュータも少なくなりました。よって取引承認処理の速度の低下と取引コストが高くなったことで手数料も高くなってしまったのです。

QTUMはこの反省を踏まえてproof of stakeという手法を使っています。これは取引承認のコンピュータを抽選する際に仕事量ではなくコインの保有量で選ぶということです。仕事量ですと一部の高性能コンピュータに独占される恐れがあるために保有量に応じて出るためにユーザー間の不平等を解消する働きがあります。

デメリット

QTUMはシンガポールのQTUM財団により開発されたプロジェクトですが取引高の多い国の規制を受けやすい仮想通貨と言われています。
仮想通貨を発行して資金を得るシステムであるICOの規制を受ける可能性があるのです。現在韓国のQTUMの取引高が一番多くなっています。

よって、韓国の経済情勢の悪化などでQTUMの需要が減少すればICO規制を受けると同時に需給バランス化が乱れることで大きく下がる可能性があるのです。

QTUMはビットコインとイーサリアムの特徴、特に長所を受け継いでいますがそれゆえにこの二つの仮想通貨の価格に引っ張られる可能性が高いです。影響を与えるという意味でいえば必ずしも悪いという意味ではないのですがやはり政局や経済情勢によってお互いがお互いを下げてしまうという可能性もあります。

まとめ

QTUMはビットコインとイーサリアムのそれぞれの長所を備えた仮想通貨であり、発行前からとても期待された仮想通貨であります。

そして、2018年8月現在国内取引所は取り扱っていません。購入の仕方としては国内取引所でリップルを購入し、リップルをBINANCEという中国の仮想通貨取引所に送金し、QTUMを購入するのが日本人ユーザーが取引する主な流れです。そのほかにもビットレックス、フオビ、オーケーイーエックスがありますがいずれも中国の仮想通貨取引所です。国内の取引所がないということは直接円で取引することができないので不便だと感じるかもしれませんが、だからこそまだまだ飛躍の余地があると考えることもできるでしょう。ビットコインとイーサリアムの長所を受け継いでいるということは機能だけで言ったらこの二つの通貨を越えていることになると考えます。これからも注目の仮想通貨ですね。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする