ネム(XEM)とは?特徴と仕組みとハッキング事件の過去を詳しく説明。


スポンサーリンク

ネムとは

ネム。仮想通貨表記ではNEM、あるいはXEMと表記されます。仮想通貨名称ではXEMとされます。NEMという名前の名称は開発プロジェクトの際に「金銭的自由」「分散化」「平等」の3つの要素を表すためにその頭文字をとったものなのです。プロジェクト名がNEMでプロジェクトの通貨の名前がXEMとなります。

2018年のコインチェックにおけるネムの流出において仮想通貨が多少なりとも浸透した現在に冷や水を浴びせてしまった事件。それによってもともとあった仮想通貨による信頼感が大きく失墜してしまい、ネム以外の仮想通貨も軒並み価格を下げる現象が起りました。今回はその主人公であるネムという仮想通貨について書いていきます。

ネムの特徴

仮想通貨はほとんどが取引や送金の管理をブロックチェーンと言ってそれぞれの端末の処理能力を使いブロックチェーンという強大な台帳に取引の数量などを記録することによって取引量の矛盾が生じないように安全に取引されています。

ネムは、このブロックチェーンが独自に開発されたものになります。この機能による恩恵がそのままネムの特徴になります。

まず、承認速度が速いことです。仮想通貨の取引をする際にかかる時間のようなものだと思っていただければと思いますが、この速度が約1分です。他の仮想通貨は承認の流れの一部が自動化されているのもあるのでそれには及びませんがビットコインと比べると10分の1になります。スピーディに取引ができるという利便性があるのです

また、報酬の獲得がしやすい。というのがあります。仮想通貨を得る方法には大きく二つあります。それは単純に取引所や販売所で仮想通貨を買うという方法と主にビットコインで使用されている方法ですがマイニングと言って所持している端末の処理能力をブロックチェーンの処理に協力して、報酬として該当の仮想通貨を報酬としてもらう方法です。


スポンサーリンク

報酬がない仮想通貨もありますがここでは主にビットコインと比較してお伝えしたいと思います。ビットコインではブロックチェーンの処理に協力している端末の報酬として得る方法とすでに保有している分に応じて配分するという方法があります。後者は新規参入者との間に不公平があるとのことで一部批判を受けているようです。

ネムはハーベスティングという方法でネムを取得することができます。ビットコインのマイニングが専門的な知識やマシンの高性能が要求されたのに対してハーベストは敷居が低いので自宅のPCでも簡単に参入できます。まさに平等を旨とする仮想通貨ですね。

続いて安全性、安定性が高いということが言えます。そもそもネムのプログラムコードは完全にオリジナルなもので他の仮想通貨からの影響を受けにくいというものがあります。

コミュニティが強いというのもあります。まず仮想通貨自体自由ではありますがネムに至っては公式ロゴは「CC0」という規格に基づいて公開されているので商用目的での改変が無許可でできるのです。商用目的で活発化していけば販売に関する様々なイベントも企画され認知度が高くなっていくと言えるでしょう。

コミュニティやイベントがあるということで無味乾燥な仮想通貨というイメージからお祭り的な自分も参加するというようなイメージを持つこともメリットだと考えます。

ネムのデメリット

仮想通貨の中では上位に位置するネムではありますがいまだにイーサリアムに追いつくことはできていません。ただ、ネムには独自の技術を持っているので他の仮想通貨とは一線を画す形で生き残りをかけていくようです。

そして、その中でも最たるものはハーベヴェスティングです。ネムの仮想通貨の取引の処理に協力してくれた方に対して報酬を渡す方法ですが、ビットコインでは似たような手法でマイニングという手法がありますがこちらは専門的な知識や高性能なマシンが必要なのに対してハーベスティングはハードルが低く設定されています。ローカルハーベスティングとデリゲードハーベスティングがあります。

ローカルハーベスティングはハーベスティングの参加条件を満たしてネットにパソコンを接続していれば無作為に承認権が割り当てられるという方法です。
デリゲードハーベスティングは手数料を払って第三者の端末に処理を依頼する方法です。この手法は特に電源が入っていないパソコンでもその対象になるため人気が高いです。

ネムの流出事件について

2018年1月にコインチェックがハッキングにより600億円近いNEMが流出され仮想通貨全体に対する信頼が失墜し、ネムに限らず仮想通貨が下落していきました。ここで注意したいのは仮想通貨イコール危ないものという誤解が発生してしまったことです。仮想通貨という商品の性質上値動きは激しいですし、また他の現物の通貨とも違ってその補償を国や公的機関が保証しているわけでもありません。

ただ、ブロックチェーンやそれ以外の安全上のシステムの強固さを売りにして取引が今日まで行われてきました。今回、ネムが流出してしまった背景としてはネムに対する仮想通貨上の安全やシステムの不備によって発生したわけではないということです。ひとえに取引所側の怠慢によって引き起こされた事件なのです。

基本的に顧客の資産はコールドウォレットと言ってネットには接続していないサーバーなりで管理する必要があったにもかかわらずほっとウォレットと言うネットにつないで会ったサーバーで管理していのが問題でした、ネットワークが発展した今日、それだけにさまざまな脅威のネット上から入ってくることが多いのですその対策が不十分だったというのが今回の事件を引き起こしてしまった真相です。

現在コインチェックはマネックスに買収され債券を目指しているのだとか。まだ見込みではありますがマネックスにおいて取引が再会すると以前と同じくらいの取引量が動くと見込まれているようです。

まとめ

ビットコインに比べてさまざまな機能を有しているネムですが一躍、流出事件によって悪い印象をつけてしまいましたがそれによって仮想通貨管理に対する警鐘が起きたのも事実です、これを教訓に取引所や投資家も安全を気にするようになり、考えて取引をするようになったらもっともっと仮想通貨全体が便利で安全な取引になり、参加しやすいものになるかもしれません。その一助をしたネム自体に価値があると考えます。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする