スカイコイン(SKY)はなにを目的にした仮想通貨なのか?特徴と仕組みを詳しく説明


スポンサーリンク

スカイコインとは

通貨はSKYと表示されるスカイコインはビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3の通貨と呼ばれています。というのもスカイコインはビットコインというメジャーな仮想通貨の問題点を解消した仮想通貨として第3の通貨と呼ばれている所以です。

ビットコインの問題点はいくつかありますがその一つが取引量が増えることで手数料も高くなり、送金速度も遅くなってしまったのです。これは、ビットコインで検証される取引検証作業が問題のようです。ビットコインは取引検証作業にPOWやPOSを採用しています。

POWとは

POWとは、仮想通貨の取引自体、ブロックチェーンという巨大の台帳のようなものに記録して行います。その記録を行うことで矛盾なく取引ができるのです。POWはこの作業を世界中の企業や個人のパソコンなどの端末の処理能力を利用して行うという仕組みのことです。

そして、個人や企業のパソコンで処理を行ってくれたお礼として報酬を支払うというシステムです。この場合、大半はその仮想通貨で支払われるようです。マイニングと呼ばれる手法です。ビットコインの当初は、取引量は多くなかったのでそんなに魔イニングに必要な端末も多くは必要なかったのですが、より取引量が多くなるにつれて大量の処理端末が必要になり、同時に高いコストを対価として求められるようになり処理速度の低速化と手数料が高くなってしまったのです。

POSとは

POSは、処理の対価として支払われるのではなく、通貨の保有数量に応じて報酬が支払われるシステムです。よって、不公平が生じる殖やし方という問題点があります。
このように、ビットコインには問題点がありこれらの解消を目的に構築された通貨がスカイコインなのです。

スカイコインの特徴

スカイコインは仮想通貨という枠組みだけにとどまりません。もともとはプロバイダなどの企業に頼らないインターネットの構築を目指した仮想通貨になります。

そして、OBELISKという独自の承認技術を構築しています。ビットコインではマイニングという行為に利用された端末がその処理を行っていましたがスカイコインは、プロバイダに頼らずインターネットを利用している人たちの端末、ノードというものを利用して処理を行っています。

そして、ノード同士はお互いを監視し合っているため不正を防ぐことができ、なおかつスカイネットワークを利用している端末が処理を行う対象になるのでビットコインのように報酬を得る代わりに処理を行うというのに比べて利用者端末がそれぞれのブロックチェーン技術を行うのでスカイネットワーク利用の増減によって処理能力は変動しますが利用者が減るということはそもそも取引量自体が減るということなので利用量に応じた処理速度を実現するという意味で柔軟に対処できるのです。

その際、問題のあるノードは生まれる可能性があります。どんなに監視をしていてもその監視の目をくぐったり、あるいは利用者が増えた時などはそれに合わせて処理端末であるノードも増えるのでその中に紛れてしまう可能性もあります。その際の対策としてはSKYWIREのコミュニティがそ信頼性の低いノードに割り振った仕事を減らしたりして処理全体への影響を低めることができるのです。

そうする事で処理スピードを高速かつ一定に保つことができると同時に個別の端末にマイニングと称して報酬を支払う必要もないので取引コストがとても安い仮想通貨なのです。
そして、SKYWIREというプロバイダを利用せずにインターネットを利用できるということはそれだけ匿名性を保持することができ、個人情報を守ることができます。これは、パソコンに割り振られているIPアドレスを非表示にすることで実現しています。

個人情報を守るといっても、それを第三者に伝えた段階でそこから漏れる可能性があることは否定できません。スカイコインではそのおおもとであるIPアドレスを非表示にしてサービスを受けることができるのです。取引をする際は何らかの暗号がないと支障が出てきます。それを見越してIPアドレスとは別の暗号化されたアドレスを公開することで円滑に取引を行っています。


スポンサーリンク

他の仮想通貨の欠点を埋めるシステムと流通度について

スカイコインの特徴については個人のプライバシーを守る。いわゆる匿名性に重点を置いています。

その一つとしてコインジョインというシステムがあります。このシステムは取引をするときに複数の人のコインを集めて混ぜ合わせることで取引の内容を追跡にくくしています。

これは、取引を行う際はブロックチェーン技術を使う事で帳簿上は数字の誤りはないのですが同時に誰が誰に売ったかといった取引内容まで記録されてしまう恐れがあるということです。

もちろんこれは公開されることはないのですが記録されているということは何らかの不正アクセスが万が一通ってしまえば個人情報が筒抜けになってしまう恐れがあるのです。

もちろん不正を防ぐというのも仮想通貨としては大切なことなので各端末のノード同士が管理・監視を行っています。

メリット・デメリット

ここではメリット・デメリットを見てみましょう。

スカイコインのメリット

メリットについては現在主流となっている仮想通貨の欠点を補完していることにあると思います。それにより取引や送金のスピードも速く手数料も安くなっていまして、また匿名性の保護という観点からの他の仮想通貨にはない特徴です。

スカイコインのデメリット

スカイコインの流通については2018年7月現在では日本国内で取引できる取引所はございません。よって、いったんビットコインを買ってビットコインからスカイコインを買うというシステムになっています。よって他の仮想通貨のようにいきなり日本円から購入できないので不便さはあり、それが現在のスカイコインのデメリットと言えるでしょう。

まとめ

スカイコインは第3の通貨と呼ばれていますがまだまだ取引所自体も3つほどでメジャーとはほど遠いのですが、他の仮想通貨と違い、今までの仮想通貨が犯してきた間違いから学んだ新しい仮想通貨なのでユーザーの見えないところ、例えばプライバシーの保護などのきめ細やかな個所がしっかりと守られている点が素晴らしいです。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする