仮想通貨のウォレットって何?種類別に誰でも簡単理解。

この記事では、仮想通貨を保管するためのウォレットについてご紹介します。ウォレットとは、日本語で”財布”という意味です。その名の通り、仮想通貨を保管しておく財布のような働きをします。

しかし、仮想通貨はデータとして扱われる通貨なので、通常の財布のような機能だけでは足りません。所有者のみがウォレットにアクセスできるように様々な工夫が凝らされているわけです。多くの種類があるウォレットですが、今回は以下の種類のウォレットについて説明します。

デスクトップ型ウォレット
オンラインウォレット
モバイルウォレット
ハードウェアウォレット
ペーパー(紙)ウォレット


スポンサーリンク

ウォレットとは何か?

仮想通貨におけるウォレットとは、プライベートキーとパブリックキーを使って仮想通貨を管理するソフトウェアです。これは、様々なブロックチェーンとリンクすることができ、ユーザーが仮想通貨を送付したり受け取ったり自分が持つ通貨の保有量を確認することが可能になります。

一般的に、ウォレットはそれぞれの仮想通貨専用のウォレットが必要です。例えば、ビットコインを保管したいのであれば、ビットコイン専用のウォレットが必要になります。他の通貨でビットコイン専用のウォレットを使ってしまうと最悪の場合、通貨が永久に引き出せなくなる可能性があります。

ウォレットを使ってどのように仮想通貨を保管するのか

仮想通貨の取引をしている人の多くは、仮想通貨を保管するためにウォレットを使っていると思います。しかし、それがどのように機能しているのか理解している人は少ないでしょう。

一般的なウォレットと違って、仮想通貨専用のウォレットは通貨を一つの場所に保管しておくためのものではありません。ウォレットが行うことは、仮想通貨の取引履歴をブロックチェーンに保存することになります。

前述した通り、仮想通貨のウォレットとはパブリックチェーンとプライベートチェーンを使って、様々なブロックチェーンとリンクすることができるソフトウェアプログラムのことをいいます。

もしユーザーが仮想通貨をウォレットから手放す場合は、この通貨の所有権がウォレットから取り除かれることになります。ユーザーがウォレットにある仮想通貨にアクセスするためには、キーが必要になります。

どんな種類のウォレットがあるのか?

この章では、各ウォレットの種類について説明します。
デスクトップ型ウォレット


このウォレットは、デスクトップパソコンやノードパソコンにウォレット自体をインストールするタイプになります。

ウォレットにアクセスできるのは、このウォレットをインストールしたパソコンのみになります。これにより、より高いセキュリティを持つウォレットとなり、そのパソコンがハッキングされたりウィルスに侵されたりしない限り、仮想通貨を失うことはありません。
参考)

Desktop Bitcoin Wallets


スポンサーリンク

オンラインウォレット


オンライン上に存在するウォレットになります。どこからでもアクセスが可能であり、すぐに仮想通貨取引したい場合などはこのウォレットを使うと便利です。オンラインウォレットとは、基本的に運営者が存在しており、オンライン上のウォレットを管理しています。

この運営者がハッキングされたり、運営者自体が仮想通貨を盗むことなどすることが考えられるので、確実に信頼できる運営者によるウォレット以外は使用することはやめましょう。
参考)
https://bitcoin.org/en/choose-your-wallet

モバイルウォレット


スマートフォン上のアプリケーションで使うことができるウォレットになります。このタイプのウォレットのメリットは、仮想通貨をどこでも持ち歩くことができ、例えば、お店での支払いなどで仮想通貨を使う時などに役に立ちます。

一般的には、スマートフォンの容量はパソコンよりも小さいので、多額の仮想通貨を保管するというよりは、少額の仮想通貨を保管していつでも使える状態にしておくという使い方がメインとなります。
参考)
https://bitcoin.org/en/wallets/mobile/android/bitcoinwallet/

ハードウェアウォレット


このタイプのウォレットは、他のソフトウェアウォレットとは違います。これは、ハードウェアを使ってプライベートキーとパブリックキーを保管します。ここでハードウェアとは、USBや専用の端末をさします。

もちろんハードウェアの中に仮想通貨に保管するといっても、そのハードウェアをインターネットに接続させれば、オンラインにすることは可能です。しかし逆に言えば、ハードウェアをインターネットに接続しなければオフラインで仮想通貨の管理が可能になり、ほぼ確実にハッキングされることはありません。

仮想通貨を保管するときはインターネットに再度接続する必要がありますが、一度保管してしまえば、年単位で安全に保管することが可能になります。
参考)
https://www.buybitcoinworldwide.com/wallets/

ペーパー(紙)ウォレット


(引用: https://cantonbecker.com/etcetera/2013/bitcoin-paper-wallet-design-video/)
このウォレットは簡単に高いセキュリティを実装できることで知られています。仕組みは単純で、自分の仮想通貨にアクセスするためのパブリックキーとプライベートキーをプリントアウトして紙媒体で保存します。

ペーパーウォレットを発行する際にソフトウェアが必要になりますが、一旦紙で発行してしまえば、その紙媒体のウォレットでしか保有している仮想通貨にアクセスできなくなります。

仮想通貨を引き出す際は、自分でペーパーウォレットに書いてあるプライベートキーとパブリックキーを打ち込むかそれらのデータが含まれるQRコードを用います。
参考)
https://medium.com/crypto-currently/paper-wallets-are-best-for-beginners-61c31d931cce

本当に仮想通貨ウォレットは安全?


仮想通貨ウォレットは、本当に安全なのでしょうか。これは、ウォレットの種類によってセキュティに差があると言えます。どのタイプのウォレットを使っているのか、誰が管理したウォレットを使っているのかなどにセキュリティレベルは大きく依存します。
基本的に、オンライン上にあるウォレットは常にハッキングの恐れがあるのでセキュリティに関して好ましくはないでしょう。その点、ハードウェアや紙媒体を使ったオフラインウォレットでは、ハッキングの恐れがないので安全と言えます。

どのウォレットにも共通して言えることですが、プライベートキーとパブリックキーを失ってしまえば自分の仮想通貨にアクセスすることが不可能になります。ブロックチェーンという性質上、管理者がいない分散型管理によって成り立つシステムなので、無くしてしまったキーを取り戻すことは永久にできないでしょう。バックアップを確実に取るなど、キーの取り扱いには細心の注意が必要になります。