マイイーサウォレットについて。登録方法と必要な理由

2018年になって、仮想通貨の取引が一般人にもより身近になってきました。しかし、仮想通貨を購入した後にどうやって保管いますでしょうか。

現在、仮想通貨の保管に関して多くの方法があります。ほとんどの人は、購入した通貨を取引所に置いたままにしているのではないでしょうか。

取引所に仮想通貨を置いておくことは簡単ですし、すぐに取引に通貨を使うことが可能です。

しかし、マウントゴックス事件から始まり今年2018年1月のコインチェック事件など取引所のセキュリティを信頼するのは、現状かなり不安です。
実際に多額の投資をしている人にとって取引所の閉鎖・ハッキングはかなり大きなダメージになると予想されます。

このような事態を避けるために、自分で購入した通貨は取引所ではなく自分の目の届くところで管理するべきです。

自分で管理するとはどういうことでしょうか。
それは、自分でプライベートキーを発行して、自分だけその通貨にアクセスできるようにすることです。

自分でプライベートキーを取得するためには、ウォレットという仮想通貨専用の財布を入手する必要があります。

現在多くのICOがERC-20トークンというイーサリアムブロックチェーンから生成されたトークンを使っています。

なので、そのようなICOに参加するためにはイーサリアム専用のウォレットが必要です。
最も一般的なイーサリアム専用ウォレットはMyEtherWalletです。簡単に設定でき高いセキュリティを実現します。
ウォレットに関する用語は、以下のようになります。

(引用: https://masterthecrypto.com/opening-myetherwallet-mew-wallet/)

Public Key: これは仮想通貨をウォレットに保管する際に、送付先を相手に伝えるキーのことを言います。銀行でいうと口座番号になります。
Private Key: このキーは、その仮想通貨が自分所有であることを示すためのキーとなります。このキーは、しっかりと守る必要がありPublic Keyのように他人に教えることは絶対してはいけません。

Keystore File: プライベートキーを暗号化したデータになります。これで、自分しかアクセスできない仮想通貨専用のキーが完成されウォレットに通貨を安全に保管できるようになります。

ウォレットに必要な用語の説明は以上になります。
それでは、MtEtherWalletの登録方法をご紹介していきます。


スポンサーリンク

My Ether Walletの公式HPへ

まずは、My Ether Wallet にアクセスします。この時、フィッシング詐欺に会う可能性があるので、しっかりURLを確認してください。
URLの左側でMYETHERWALLET INCの証明があれば問題ないです。

自分のウォレッットを作成

新しい自分専用のウォレットを作成します。公式サイトにアクセスするとパスワードを入力してくださいという欄があるので、そこに自分で決めたパスワードを入力します。
このパスワードをなくすとアクセスが永久にできなくなりますので、細心の注意を払ってください。紙に書き留めることをお勧めします。

Keysroeファイルを自分のPCに保存

パスワードを入力すると、Keystoreファイルをダウンロードする画面に移ります。このファイルは非常に重要になりますので、パスワードと同様に失くさないように注意してください。

このファイルはウォレットを取り戻したり、修復するために使います。また、ウォレットへのログインにもパスワードとともに使うことができます。ダウンロードが完了したら、赤いボタンの「わかりました。続けます。」をクリックします。

プライベートキーを保存

プライベートキーが発行されます。このキーは、他人に見せてはいけません。ウォレットの所有者のみが保有しておくものです。Key storeファイルとともに保存して、できることなら暗号化しておくことが望ましいでしょう。

ここで表示されるプライベートキーは、セキュリティにおいて何もしていない状態です。この画面を他人に見せることは絶対にしてはいけません。


スポンサーリンク

ウォレットを使えるようにする

この画面では、ウォレットを実際に使えるようにします。この作業をしないとウォレットはいつまでもアンロックされたままになるので注意してください。
様々な方法でウォレットをアンロックできますが、今回はKeystoreファイルを使ったログイン方法を選びましょう。

Keystore File(UTC/JSON)を選択し、自分のPC内のKeystoreファイルを選択します。そのあとに、パスワードを入力して、”Unlock”をクリックします。

ウォレット作成完了!

ウォレットに必要な情報
Keystoreファイル
プライベートキー
パブリックキー

これらのファイルは必ず紙に書くなどしてバックアップしておきましょう。そして、自分が最も安全だと思う場所に保管します。一度ウォレットをアンロックすれば、そのウォレットは使える状態となります。このウォレットは、イーサリアムとイーサリアム上のトークンに対して使用することが可能です。

自分で購入した通貨をこのウォレットに送信して、残高を確認してみましょう。注意が必要なのは、イーサリアム以外の仮想通貨、例えばビットコインなどはこのウォレットに保管することはできません。間違って送ってしまうと、その通貨は消失してしまいますので十分に注意してください。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする