GMOコインの特徴、手数料や評判、サービス内容について

仮想通貨取引所への口座開設は基本的に無料であるため、いくつでも登録をし色々な取引所を試すことが可能です。しかしながら登録に必要な作業の手間などを考えると、取り敢えず全ての取引所に口座を作ろう、とは軽々しく言うことができないのもまた事実でしょう。

どの仮想通貨取引所を選ぶか、その判断のためには取引所の特徴や評判が重要な要素となりえます。ここでは、仮想通貨取引所GMOコインについて、その特徴や手数料、サービスの評判などを見ていきましょう。


スポンサーリンク

GMOコインとは

GMOコインは、2017年にサービスを開始した比較的新しい日本の仮想通貨取引所です。大手のインターネット会社である「GMOインターネット株式会社」のグループ企業であることから、GMOコインという名前が付けられました。

この仮想通貨取引所GMOコインですが、厳密には取引所ではなく、販売所と表記される存在です。仮想通貨取引所と仮想通貨販売所の違いは、運営者と取引をするか、利用者と取引をするかの差になります。

しかしながらこの2つの言葉が正しく区別して使われる場合はほとんどなく、他の利用者同士が取引するサイトであっても仮想通貨取引所と呼ばれることがほとんどであることから、特に意識する必要はないでしょう。

GMOコインの手数料


GMOコインの利用の際にかかる手数料は、入金、出金、取引手数料が全て無料ととても分かりやすく設定されています。一般的に入金・出金手数料がかからない取引所は取引手数料が高く、取引手数料がかからない取引所は入金・出金手数料が高く設定されているところから、これは利用者にとってとても嬉しい安さであると言えるでしょう。

しかしながら、それではGMOコインはどのような方法でお金を稼いで運営しているのでしょうか。タダで提供するには、仮想通貨取引所のサービスはあまりにもお金がかかりすぎるものです。実は、GMOコインは仮想通貨のレバレッジ取引であるビットコインFX、その手数料によって運営費を得ているタイプの取引所なのです。

GMOコインでのビットコインFX


ビットコインFXは、自分の資金を元手により大きな額のお金を借りて、それを使って仮想通貨投資を行うことです。例えば5倍の資金を借りれば、自分の資金だけで細々と投資していた場合と比べて、成功した場合の利益を5倍に増やすことができます。

様々な取引所で利用できるサービスですが、GMOコインのビットコインFXは、レバレッジをかけられる倍率が10倍と高め、アルトコインでもレバレッジ取引をすることができる、ビットコインFXに最適なアプリが用意されている、ロスカット機能が備わっていて失敗した場合の損を最小限に抑えられる、といった多数の利点を持っているのです。

そのためレバレッジ取引をする際にはGMOコインを選ぶ人が多く、それほど高くない1日0.05%というレバレッジ手数料であっても、GMOコインは健全な運営をすることができています。


スポンサーリンク

GMOコインのメリットとデメリット

手数料の安さやビットコインFXができること以外にも、GMOコインにはまだまだ沢山のメリットが存在します。ここからは、GMOコインのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきます。

スプレッドの幅が狭い

仮想通貨の買い注文と売り注文の間には、ある程度の値段の差ができることが一般的です。全く同じ金額で取引が行われるというのは、値段を設定しているのが1人1人の利用者であるということもあってほとんどあり得ません。

この差のことを、スプレッドの幅と呼びます。
GMOコインは、仮想通貨取引所の中でもこのスプレッドの幅が狭いことで有名です。スプレッドの幅が狭いほど高い金額で売り、安い金額で買うことが可能となるため、GMOコインで取引をすることは利益を増やしやすいというメリットがあります。

運営会社の規模が大きい

GMOコインの運営会社であるGMOインターネット株式会社は、インターネット関連のサービスを手掛ける大企業です。そのため、GMOコインが倒産してしまったり、閉鎖してしまうようなことはほとんど考えられません。

また、他にも多数の事業を手掛けている会社であるため、利用者の信頼を失っては困ることから、顧客の預けていたお金を勝手に盗むような行為などもまずないと思っていいでしょう。これらのポイントから、GMOコインは安心して利用できる仮想通貨取引所であると言えるのです。

購入できる仮想通貨が5種類しかない

GMOコインで購入できる仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、リップルの5種類です。いずれも時価総額ランキングの上位銘柄であり、知名度も高いことから優秀な投資材料と言えます。

しかしながら、その選択肢が少ないのもまた確かな事実です。特にどの銘柄もある程度成長した仮想通貨であることから、新しい仮想通貨に投資をして一獲千金を狙いたいような人には買うべき銘柄がなく、お勧めできない取引所かもしれません。

値動きが激しい

GMOコインはビットコインFXの利用者が多いため、他の取引所と比べて利用者1人あたりの動かしている金額が大きくなっています。そのため投資に影響を与えるニュースが出されると、一斉に売り注文や買い注文が出されることとなり、市場は大きく値動きするのです。

他の取引所よりも激しい値動きをすることから、GMOコインを利用する際には価格変動にすぐに対応するスピードの早さが重要となります。なので、落ち着いた、慎重な取引をしたいと考えている人にはあまり向いていない取引所であると言えるかもしれません。

GMOコインの評判


GMOコインの良い評判としては、手数料の安さやスプレッドの狭さ、アプリの使いやすさを褒めるものが多く聞かれました。特にアプリの使いやすさは人により好みが分かれるものなのですが、GMOコインのアプリは多くの人に気に入られる完成度の高いものとなっているようです。

一方で悪い評判としては、時々買い規制や売り規制が入ることがあるため、売買したいときにできない可能性があるというものがありました。ただし毎日のように規制が起きているわけではないため、この点をどう捉えるかは人によって違いが見られます。

まとめ

ここまで、GMOコインの特徴やサービス、評判などを見てきました。
GMOコインは、仮想通貨の銘柄にはそれほどこだわりがなく、安い手数料で仮想通貨の取引やビットコインFXを行いたいと考えている人には間違いなくお勧めできる仮想通貨取引所です。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする