汎用性の高いイーサリアム


スポンサーリンク

時価総額第二位


仮想通貨では、主流のビットコインに次いで第二位の時価総額を誇るイーサリアム。

根幹をなすスマートコントラクト技術は、今後、様々な分野での活用が期待されているばかりでなく、手数料の低廉化や時間短縮という面でユーザーに恩恵をもたらします。

2018年には最後のアップデートが予定され、引き続き注目を浴びる銘柄と言えるでしょう。イーサリアムとは、アプリケーション作成のプラットフォームであり、開発プロジェクトの名称です。

2013年にビタリック・ブテリンという名のロシア人青年によって考案されました。

そのプロジェクトの中で使用されている通貨が、イーサ(ETHER)ですが、一般にこの通貨の事をイーサリアムと呼んでいます。

従いまして、決済目的で生み出されたビットコインとはやや趣が異なり、イーサリアムの場合は「仮想通貨としての側面が有る」といった感じです。

主流でカレント銘柄のビットコインに対し、イーサリアムはアルトコインとしての位置づけですが、2018年3月現在の時価総額ではビットコインに次いで第二位を誇っております。

画期的なスマートコントラクト技術


根幹をなすのが、ブロックチェーンを活用したスマートコントラクトと呼ばれる技術です。
この技術は端的に言いますと、人の手を介さずに取引契約及び決済を自動化してスムーズに行うプロトコルです。

ビットコインのブロックチェーンには、ウォレット間の送金情報が記録されます。
これに対してスマートコントラクトでは、こうした送金情報に加えて契約内容など様々な情報まで記録できるのです。

今後普及が進めば、契約から決済までが全てネットで完結できる便利なサービスを多くの人が享受できる様になります。その上、取引内容や契約情報がブロックチェーン上に記録され、改ざんなど不正行為のリスクを軽減出来ます。

また、仲介を必要としないため人件費などのコスト削減に寄与出来、手数料の低廉化と手続きに要する時間の短縮が可能となります。

このスマートコントラクトを開発する際に使われるプログラム言語がSolidityです。

イーサリアムのブロックチェーンはビットコインと同様、プルーフ・オブ・ワークを採用しています。ですからマイニングの作業量によって改ざんが防止され、正当性が維持されるのです。

世界中のマイナー(採掘者)が監視する訳ですから透明性が保持され、必然的に詐欺に遭うリスクが小さくなります

分散型アプリケーションの魅力


さて、「イーサリアムは分散型アプリケーション(DApps)である」といった言葉を耳にした事があると思います。

実は、ビットコインもDAppsの一つです。分散型アプリケーションとは、ブロックチェーン技術の採用により、非中央集権的なアプリケーションの構築を可能とするものです。

つまり中央管理者を介さなくとも、コードのみで自動的にオペレーションを行える訳です。

これによってユーザー同士が直接的に契約し、取引を行えるのです。

ですから近い将来、個人が債券を発行するといったケースが実現するかもしれません。
アプリケーションがオープンソースである為、全ユーザーが相互にサーバーにアクセス出来ます。これによってデータ改ざんなどの不正行為が防止でき、透明性が保持されます。

発行上限、決裁時間について

ビットコインには発行上限があり、2100万BTCまでとなっているのですが、イーサリアムの場合は発行上限がありません。

これは、今のところ上限が定まっていないというだけであって、「イーサリアムは無尽蔵に発行できる」わけでは有りません。ですから今後、イーサリアムの発行上限が定まる可能性があります。

次にブロック生成時間ですが、ビットコインが約10分かかるのに対し、イーサリアムは約15秒で、格段に速いことがわかります。ブロック生成時間が速いという事は、送金時間がスピーディーなわけですからイーサリアムは決済手段として優れているのです。

送金時の手数料もビットコインに比べると安上がりで、それ故にイーサリアムはマイクロペイメント(少額決済)に適していると言われております。ブロック生成時間が速いという事は承認時間が短いわけですから、ユーザーにとりましては利便性が高まるのは当然かもしれません。

イーサリアムをベースに無数のトークンが

イーサリアムには、ERC20トークンと呼ばれるものがあります。

トークンとは言わば「名称の無い仮想通貨」の事ですが、ERC20トークンはイーサリアムをベースとして作られた新たなトークンの総称です。その種類は既に無数に存在しており、20種類だけではありませんので、ご注意を。

イーサリアムの本来の目的は、分散型アプリケーションのプラットフォームとしての機能でした。ですから新たなトークンを作って、各々に適したアプリケーションが提供できる訳です。
その上、ERC20はイーサリアムの専用ウォレットを流用できるので、新たに専用のウォレットをつくる手間が省けます。

マイニングの三つの方法

マイニングとは、取引データをブロックチェーンに追記していく作業を言いますが、イーサリアムのマイニングには、三つの方法があります。
個人で作業するソロマイニング、複数の人が協力して行うプールマイニング、投資によるクラウドマイニングです。

マイニングを成功させるには、計算処理能力などが高い機材を用意する必要が有ります。
昨今は、資本力のある企業の参入が目立ち、資本力や競争力が無いと利益の確保が難しくなっております。

ですからソロマイニングは、単独の作業ゆえに報酬は全て自分のものに出来ますが、成功して利益を得る確率が低いのが現状の様です。

その点、コミュニティを形成して共同で作業するプールマイニングは、計算処理能力の全てを集約化できるので報酬を得る確率が高いと言えます。但し、当然ながら報酬は作業量に応じて皆で按分という形になるでしょう。

クラウドマイニングとは、自分は作業をせず、マイニングをしている企業や団体に投資する事によって利益を得るという手法です。

機材を用意する手間も費用も掛かりませんし、他者がマイニングをしてくれる訳ですから専門的な知識も要りません。反面、投資したマイニング業者が倒産するというリスクを背負う事になります。

イーサリアムの将来性

今の処、仮想通貨は投機の対象としての性格が色濃く残っている様ですが、今後はその実用性が問われていくのではないでしょうか。

その点、汎用性の高いイーサリアムは様々な分野での応用が期待されております。
仮想通貨が残している課題が改善されていくのは勿論ですが、昨今の情報技術のスピーディーな進展ぶりを考慮しますと、イーサリアムよりももっと利便性の高いプラットフォームが出現しないとも限りません。

仮想通貨に関連した技術の動向に注視しながら、納得のいく評価益が出ている場合には利食い売りを繰り返していくのが無難かと私は思います。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする