Zaifの特徴、手数料や評判、サービス内容について

それぞれが良い面と悪い面を持つ仮想通貨取引所ではありますが、様々な理由からその人気には差がつくことになります。日本の仮想通貨取引所の中でも特に有名なのは、ビットフライヤー、コインチェック、そしてこれから紹介するZaifです。

ここではそんなZaifについて、その概要や特徴、評判などを見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

Zaifとは

Zaifは、2014年に設立された大阪に本社を持つ株式会社テックビューロが運営する仮想通貨取引所です。資本金は8億円と仮想通貨取引所としては平均的で、2017年9月に金融庁への登録を行い正式に仮想通貨交換業者として認められています。

現在と比べ取引所の数が少なくその規模も小さいものが多かった仮想通貨ブームの初期から、Zaifは安い手数料を武器に人気を集めることとなり、コインチェックの盗難事件なども追い風となってその利用者を順調に増やして成長しました。

Zaifの手数料

Zaifを利用するにあたって、仮想通貨の売り注文や買い注文を設定する際の手数料はどの銘柄も0%となっています。つまり、手数料をかけずにいくらでも注文を並べることができるのです。この点が、Zaifが人気を集める一つの要因となりました。

その注文が成立した際にはビットコイン以外の銘柄で0.1%から0.3%ほどの手数料がかかるものの、その額もかなり小さくおさえられているため、Zaifは手数料の安さを維持し続けている仮想通貨取引所であると言えるでしょう。

入金、出金の場面では、それとは別に数百円程度の手数料がかかります。

Zaifの特徴

Zaifは簡単売買機能がある、レバレッジ取引ができるなど、仮想通貨取引所のオーソドックスな機能をほぼ全て取り揃えている取引所です。そんなZaifのほかの取引所にはない特徴としては、多種多様なトークンの取引ができるという点が挙げられます。

トークンとは、企業や組織などが発行する小規模な仮想通貨と言える存在です。買い物などに利用されることを想定されて作られたビットコインなどの一般的な仮想通貨に比べて決済能力は劣りますが、仮想通貨と同じように値動きをし、上場している取引所であれば売買をすることが可能なものとなっています。

そんなトークンは、マイナーであり利用者の数や総量が少ないために急激な値動きをすることも多く、一獲千金を狙った投資の材料としてとても優秀です。

普通の仮想通貨取引所では購入することができないので、それを10種類以上も取り扱っているZaifはトークン投資をする上でとても優秀な取引所であることは間違いありません。

スポンサーリンク

Zaifを利用するメリットとデメリット

ここでは、様々な観点からZaifを利用するメリットとデメリットをそれぞれ見ていきたいと思います。

安い手数料と日本語サポートを両立できる

Zaifの手数料は、海外仮想通貨取引所にも匹敵するほど安いものです。その安さでありながら、海外取引所とは異なり、日本語での利用やサポート対応も受けることができます。この2つの嬉しい要素が両立されていることが、Zaifの1つのメリットと言えるでしょう。

しかしながら、Zaifの手数料は他の日本の取引所と比べ、現在それほど安いとは言えないものになってしまっています。その理由としては、他の取引所が競争のため軒並み手数料を下げてきているからです。

それどころかアルトコインなどの場合にはZaifよりも手数料が安い仮想通貨取引所も現れ始めているため、Zaifを選べば絶対に安い、と確信できる時代はもう終わってしまったのかもしれません。

取り扱い銘柄が豊富

Zaifで購入できる仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ネム、ビットコインキャッシュ、モナコインの5種類です。

これだけでは豊富とは言い難いのですが、上でも書いたように多数のトークンを取り扱っていることから、利用者は多数の選択肢を得ることが可能となっています。

マイナーなものも多いため全ての名前を挙げることはここではしませんが、上場時に話題となったフィスココインや海外のネットユーザーに非常に高い人気を誇るぺぺキャッシュなど、仮想通貨に勝るとも劣らない有力なトークンも複数用意されているため、自分の投資スタイルや狙う利益率によって最適な銘柄を選ぶことができるでしょう。

日本の仮想通貨取引所としては最大級のトークンの品揃え、これは大きなZaifのメリットです。

コイン積立による積立投資が可能

Zaifの持つサービスの1つであるコイン積立は、利用者が欲しい時に仮想通貨を欲しい額だけ購入するのではなく、毎月一定額を自動で銀行から引き出し積立投資を行ってくれるというものです。他の取引所にも似たような機能が用意されていることもありますが、全体として見れば極めて珍しいサービスと言えます。

このコイン積立は、自分でいちいち入金するのが面倒だと感じるものぐさな人や忙しい人にはもちろんのことですが、仮想通貨の激しい価格変動からくるリスクを大きく減らしてくれるため、安定志向の人にもお勧めできる投資方法です。

サーバーがダウンし取引ができない時がある

Zaifは利用者が大きく増えた2017年から、サーバーの弱さによる取引の不安定さに悩まされてきました。取引の注文が殺到した際などにサーバーがダウンし、仮想通貨の売買が行えなくなってしまうのです。

長い時では数時間単位で取引ができなくなってしまうことから、特に仮想通貨が急騰していたり暴落している場面では大変です。

早く買いたい、売りたいにもかかわらず取引所が利用できない。それほど頻繁に起きるわけではないものの、起きてしまうと多くのユーザーに大きなダメージを与えるため、早く改善して欲しいと利用者からの声が上がっています。

Zaifの評判

良い評判としては、上で挙げたメリットに関する内容のほか、顧客対応がいい、サポートが親切といった声が聞かれました。昨年の評判ではむしろ顧客対応が悪いといった声が多かったため、その改善に力を入れているのかもしれません。

悪い評判としては、チャートなどのツールが使いづらい、本人確認作業にかかる時間が長い、口座開設までが遅い、といったものがありました。個人の感覚による部分も多いものの、どうやら口座開設にかかる時間がほかの取引所と比べて長めなのは確かなようです。

まとめ

ここまで、Zaifの概要や特徴、評判について書いてきました。
Zaifは強みの手数料の安さこそ別の取引所に追いつかれつつあるものの、まだまだほかにはない様々な個性を持つ仮想通貨取引所です。ここで書いた内容を、取引所選びの際には参考にしていただければと思います。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする