バイナンス(Binance)の特徴、手数料や評判、サービス内容について

仮想通貨の取引所選びの際には、日本の取引所だけでなく、海外の取引所もひとつの選択肢となりえます。海外の取引所は日本語が使えない場合が多いものの、その分手数料が安い、仮想通貨の種類が豊富といった日本の取引所にはない魅力を持っていることも多いのです。

今回は、そんな海外の取引所の中でも有名な、バイナンスについて、そのサービス内容や特徴、評判を見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

バイナンスとは

バイナンスは、2017年に誕生した中国の仮想通貨取引所です。その成長は凄まじく、同じ年の12月にはアメリカのビットトレックスや香港のビットメックスといった強豪を抑え世界最大の取引量を誇る取引所となりました。

その評判が伝わってか、日本でもバイナンスは海外の取引所の中ではかなり人気の存在となっています。一時は日本人利用者の更なる増加を期待してか公式サイトの日本語化も行われていたのですが、撤去され現在は中国語化英語でしか利用できないのは少々残念です。

バイナンスに登録

バイナンスの特徴

ここでは、仮想通貨取引所であるバイナンスの特徴をいくつか見ていきたいと思います。

取り扱い銘柄が多い

日本の仮想通貨取引所では、数種類からせいぜい十数種類程度の仮想通貨の銘柄を取引することができません。けれどもバイナンスでは、実に100種類近い仮想通貨の売買をすることが可能なのです。

そのため、これまでは名前も聞いたことがなかったようなマイナーな仮想通貨にも出会うことができます。他の人が知らない知名度の低い仮想通貨ほど今後の成長によっては大きな稼ぎを生むことも期待できるため、一獲千金を狙いたい人にとっては非常に嬉しいラインナップであると言えます。

新しい銘柄の上場が早い

仮想通貨が新しく作られたとしても、それがすぐに取引所で購入できるようになるわけではありません。審査などを経て問題がないかを確認されたのち、数週間から数か月経ってようやく上場するのが一般的なのです。

けれどもバイナンスではそのスピードがとても早く、世界全体を見ても有数と言えるほどのスピード上場が実現されています。そのため、新しい仮想通貨の値段が未だ安いうちに買い、他の取引所にも上場され取引ができるようになり、その影響から値段が上がった場面で売るようなこともできるのです。

また、仮想通貨のハードフォークにおけるフォークコインを受け取ることを狙う場合にも、ハードフォークで生まれた仮想通貨をすぐに上場してくれるバイナンスの利用は欠かせません。

登録作業が簡単である

日本の仮想通貨取引所で仮想通貨の売買をする場合には、必ず本人確認書類の提出や個人情報の記入といった本人確認作業が必要となります。この作業は少々面倒で、審査にも数日から数週間かかってしまうようなものです。

一方バイナンスはそういった作業が不要であり、書類の提出や本人確認の作業なしにすぐに仮想通貨取引を始めることができます。この手間がかからないことは、急いで仮想通貨取引をしたい人はもちろん、仮想通貨に少し触れてみたいだけなので面倒な手続きはしたくないというような人にも嬉しいポイントです。

一応バイナンスにおいても、出金制限の解除にはパスポートを使った本人確認作業が必要となります。しかしながら出金制限は1日2BTCまで、およそ150万円程度とかなり高額に設定されているため、相当の大金を動かしていない限りはそれを行う必要性もあまりないでしょう。


スポンサーリンク

バイナンスを利用するメリットとデメリット

バイナンスが海外の取引所でと言うことで、不安も多いと思います。

メリットとデメリットをみていきましょう。

バイナンスのメリット

バイナンスを利用するメリットは、何よりも沢山の仮想通貨を取引できるという点にあります。成長しきっているようなビットコイン、イーサリアムといった銘柄に投資をしても、安定した稼ぎは期待できても一獲千金は難しいでしょう。

それを考えると、バイナンスは将来性があるもののまだまだ値段の安い仮想通貨の宝庫、上手く見極めることができれば大当たりを引くことができるかもしれません。

また、日本語での使い方の説明といった情報がインターネットに多くあることもバイナンスのメリットです。

海外の取引所はほとんどの場合日本語での解説記事などが不足しているため、英語の翻訳ツールなどとにらめっこをしながら使い方や注意点などを読まねばなりません。けれどもバイナンスは日本人の利用者が多いため日本語での解説もとても充実しており、そのような苦労は不要なのです。

日本の取引所と同じようにとまでは言えませんが、それでも海外の仮想通貨取引所としてはかなり簡単に利用できるサイトであることは間違いありません。

バイナンスに登録

バイナンスのデメリット

一方デメリットとしては、海外の取引所であるために、入金や送金の際に手間がかかるという点が挙げられます。特に銀行口座を使う場合には、バイナンスへの直接やり取りが行えないため、必ず日本の仮想通貨取引所を間に介さなければなりません。

そのため、バイナンス自体の登録は簡単でも、結局日本の仮想通貨取引所への登録のため面倒な本人確認作業が必要になってしまうようなことも考えられるのです。

中国の会社であるため、中国政府の影響を大きく受けることもバイナンスのデメリットとなっています。中国は政府の力が大変強いため、明日から仮想通貨は禁止だと政府が国民に支持をした場合仮想通貨取引所の経営なども行えなくなってしまうのです。

拠点を国外にも作ることで取引所の閉鎖といった事態は防ぐことができると考えられますが、それでも他の取引所に比べて慢性的なリスクを抱えているのは事実でしょう。

バイナンスの評判

バイナンスの良い評判としては、取引できる仮想通貨の種類が多くて嬉しい、選択肢が豊富で面白いといったもののほか、手数料の値段が日本の取引所よりも安い、アプリの操作性が良く取引が快適にできるといったことも聞かれます。

一方悪い評判としては、中国政府の方針に影響されそうで不安、急に閉鎖するようなことはないだろうかといった心配の声が多いほか、日本の取引所よりもセキュリティが低そう、公開されている情報が少なく安全性の面で不安といった意見も見られました。

まとめ

ここまで、バイナンスのサービス内容や特徴、評判などを見てきました。
日本だけでなく、海外の仮想通貨取引所も利用してみようと思った場合にはぜひ参考にしていただければと思います。

バイナンスに登録


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする