注目のNANJコインについて。特徴と仕組みを知っておこう!

仮想通貨を好む人が最も期待しているは、オンライン支払いの改善でしょう。仮想通貨は国境関係なく送金することを可能にします。これにより、今までの支払い方法が劇的に変化することは間違いありません。

もしあなたが海外の誰かに送金したいと考えた時、多くの障害があることに気づくと思います。セキュリティ問題のために送金を受け付けていない銀行があることや、着金までに膨大な時間がかかるなどです。

しかし、今回紹介する日本で生まれたNANJ(NANJ = Next-generation Athlete Network Joint)コインのような仮想通通貨を使えば、これらの問題に直面することはありません。


スポンサーリンク

NANJコインとは?

仮想通貨のニュースに触れたことがある人であれば、ビットコインやイーサリアムという言葉は聞いたことがあるでしょう。
現在までに1500種類以上もの仮想通貨生み出されている中で、NANJコインはどのような特徴を持つのでしょうか。

この通貨の特徴としては、海外への支払いに特化している点にあります。開発者によると、”この通貨が必要だと思ったのは多くの人が他の国の商品を購入するときに、多くの問題を抱えていることが多いことがわかったから”ということです。
一般的に仮想通貨は送金者や受金者の情報を隠し、取引の詳細は他人にアクセスできないようになることが求められます。

この点、有名なビットコインは全ての人がアクセスできるパブリックチェーンを使っているので取引情報は全ての人が確認できます。送受金者の詳細な情報はブロックチェーン上にはないですが、アドレスという形でどこから送金され誰が受け取ったのかを見ることは可能です。

NANJコインは、この部分を補う仮想通貨です。
NANJコインは、有志の開発者によって開発されたイーサリアムをベースとした通貨です。考案されたきっかけは、日本のインターネットコミュニティサイトの2ちゃんねるであると言われています。

スポーツ界を応援する仮想通貨?

この通貨が開発された目的は、国境を超えた支払いを容易にすることでした。あなたがどこにいようが、どこに支払いをするのかに関係なく統一された仮想通貨で支払いを可能にすることが目標になります。

さらに、実用上の目標としてNANJコインはスポーツ選手やチームそして団体をサポートするためのシステムを作ろうと試みています。日本で野球が人気なことから、スポーツの中でも野球界に集中して実用化を考えているようです。

海外にいる選手に対しても他の国から簡単に仮想通貨によるサポートができるようことを可能にしようとしています。

さらに、NANJコインの運営会社は、サポートの額に応じてスポーツチームのマネジメントに関わる権利を得ることができるようにしようと画策しています。

NANJコインはどこで購入できる?

NANJコインは、2018年に発表された比較的新しい通貨であるので、取引ができる取引所は非常に少ないです。現在確認できている取引所は、海外取引所であるCoinExchangeのみです。
CoinExchangeは、アルトコインに特化した仮想通貨取引所です。アルトコインとは、ビットコイン以外のコインと考えがちですが、これは間違いです。

アルトコインとは、その通貨特有のブロックチェーンを持つ仮想通貨を持つこと言います。

例えば、リップルやイーサリアムが挙げられます。もしその通貨がオリジナルのブロックチェーンを持っておらず、イーサリアムやネオ上で作られた通貨であればそれはトークンと呼ばれます。

CoinExchangeには、ドルやユーロ、円など社会で使われている通貨は取り扱いされていません。代わりにイーサリアムやビットコインをCoinExchangeに送って取引する必要があります。

400種類以上の仮想通貨のペアが存在する取引所であるので、NANJ コイン含むアルトコインのトレードを考えている方は、利用を検討してはいかがでしょうか。

NANJコインの価格は?

(CoinMarketCapから引用)

2018年3月から取引が開始されて、4月の上旬には一時0.4円まで価格が上昇しています。そのあとは、緩やかに下降を続けて現在は0.1円となっています。
3月・4月と比較して取引量がかなり少なくなっているので、情報のアップデートがあるまでは価格の変動はないようにみられます。


スポンサーリンク

NANJ SDKプロジェクトとは?

2018年3月30日に、NANJの運営はNANJ SDKプロジェクトを発表しました。SDKとはSoftware Development Kitという意味で、アプリケーションの開発を手助けするツールのことをいいます。

NANJ SDKとは、NANJコインを使った支払いをより簡単にするアプリケーション作成のためのツールです。現在、日本、シンガポールそしてベトナムで開発が進められています。2018年7月にリリース予定でありiOSとアンドロイドの両方で使うことが可能になります。

NANJ SDKでできることは以下になります。
・アプリ内でNANJ ウォレットの作成が可能になる
・NFCシステムを使った支払いが可能になる
・QRコードを使った支払いが可能になる

2018年7月にサービスがリリースされるということなので、運営からのアップデートに期待しましょう。

NFCシステムとは?

正式名称は、”Near Field Communication”と言います。簡潔にいうと、かざすだけで支払いができる技術になります。スマートフォンから特殊な無線通信規格の電波を出し、個人情報を送信することによって簡単に決済が可能になります。

まとめ

この記事では、日本で生まれた仮想通貨NANJコインについて紹介しました。多くの仮想通貨が存在する中で、スポーツに特化するという発想は興味深いです。しかし、情報が少なくどの程度進捗がありどのような企業とパートナーになっているかなど不明瞭な部分も多いです。

取引に関しても海外取引所1つにしか上場していないので、仮想通貨初心者の方にとって取引をすることはやや難しいでしょう。

今後アプリーケションがリリースされて、使用の普及が進めば価格の上昇が見込めるかもれません。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする