ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴、手数料や評判、サービス内容について

仮想通貨取引をするためには欠かせない仮想通貨取引所、その選択肢はとても豊富であるため、特に初めて仮想通貨を買おうという人は迷ってしまうでしょう。

ここでは、そんな取引所選びの参考になるよう、仮想通貨取引所のひとつであるビットフライヤー(bitFlyer)の特徴について書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

ビットフライヤーとは

ビットフライヤーは、2014年に設立された日本の仮想通貨取引所です。ビットフライヤーを運営する株式会社bitFlyerは、東京に本社を持つ会社で資本金は41億円、取引所の中では極めて大きい規模を誇る会社となっています。

出資者もSMBCやみずほフィナンシャル、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタルなど有名な企業が軒を連ねており、仮想通貨ブームに乗ろうとできた小さな取引所とは別格の安定した経営がビットフライヤーの大きな売りです。

ビットフライヤー(bitFlyer)開設

もちろん、仮想通貨取引所として金融庁の認可も受けています。

ビットフライヤーの特徴

ここからは、ビットフライヤーの特徴を見ていきたいと思います。

利用者が多い

ビットフライヤーは、日本の取引所の中では最大の利用者の数を持ちます。利用者が多いということはそこで取引される仮想通貨の量も多いということであり、取引額もまた日本一です。

利用者が多いということは、それだけ取引所に関する情報も多いということになります。なので、ツイッターや掲示板などでのビットフライヤーユーザー同士の意見の交換も活発です。

また、取引額が大きいということは、ハッキングなどの被害を受けた際の損害も大きくなることを示しています。

そのためビットフライヤーはセキュリティ強化に積極的であり、日本だけでなく世界の取引所と比べても極めて高い安全性を誇る仮想通貨取引所であると言えるでしょう。

取引手数料が安い

ビットフライヤーで仮想通貨の売買をする際の取引手数料は、一部の特殊な売買を除きビットコイン、アルトコインともに無料となっています。つまり、いくら仮想通貨取引をしてもその利益を手数料によって引かれてしまうようなことはないのです。

もっとも、取引手数料が無料の仮想通貨取引所は現在決して少ないわけではありません。それどころか、取引をすればするほど稼ぎが増える、マイナス手数料を導入している取引所も中にはあります。

しかしながらビットフライヤーの取引手数料が、仮想通貨取引所全体から見て安いことは疑いのない事実でしょう。

サポートが充実している

ビットフライヤーは、初心者へのサポートがとても充実している取引所です。取引所の使い方に関するQ&Aや仮想通貨の用語解説、メールによる対応もあり、もちろんすべてを日本語で利用することができます。

仮想通貨取引所のサポートは会社によって差が大きく、取引に慣れていない人には勧められないような取引所も多いのです。

そんな中にあって、ビットフライヤーは極めて高い水準のサポート体制を持っている取引所であると言えます。

ビットフライヤー(bitFlyer)開設

ビットフライヤーのメリットとデメリット

ビットフライヤーを使うに当たってのメリットとデメリットを見ていきましょう。

ビットフライヤーのメリット

ビットフライヤーのメリットは、上で挙げた特徴も踏まえてまとめると、初心者に最適な取引所であることです。

資本金の多さ、利用者の多さから安全性が高く安定感も抜群、取引手数料も高くはありません。そしてサポートが充実しているので、慣れない仮想通貨初心者でも困ることはほとんどないでしょう。

これから仮想通貨取引を始めようかと考えている人に最初にお勧めできる、非常に初心者向けの丁寧で優しい取引所と言えるのです。

ビットフライヤーのデメリット

一方で、ビットフライヤーのデメリットは入金、出金、送金手数料がかかること、取り扱い仮想通貨の銘柄が7種類しかないことなどが挙げられます。

特に7種類しか売り買いできる仮想通貨がないことは、様々な銘柄を取引してみたいと感じている人にとっては大きなマイナスポイントでしょう。

ビットフライヤーは、初心者にとってはベストな選択肢であるものの、仮想通貨取引の中級者以上には少々物足りなく感じてしまう可能性のある取引所であるということが言えます。

スポンサーリンク

ビットフライヤーの利用方法

ビットフライヤーには、ウォレットクラスとトレードクラスという2種類のアカウントが用意されています。

ウォレットクラスはメールアドレスとパスワードの設定だけで利用することができ、仮想通貨の保存や送金といった作業が行えますが、仮想通貨を売ったり買ったりするような取引にはトレードクラスへのアップグレードが必要です。

アップグレードの際には、本人確認書類の提出が必要となります。

免許証や保険証といった本人確認書類が必要となり、審査にも数日から数週間程度の時間がかかるため少々面倒に感じますが、他の日本の取引所でも基本的に必要となる作業なので安全のためと理解しましょう。

幸いスマートフォンで写真を撮るだけでも良いので、その手間は昔に比べると大幅にかからなくなっています。

本人確認書類を送るとそれが審査され、口座を開設したことの確認書類が郵便で送られてきます。それを受けるとアカウントはトレードクラスになり、ビットフライヤーで仮想通貨の取引を始めることが可能です。

ビットフライヤーの評判

ビットフライヤーに関する良い評判としては、説明が丁寧、分かりやすい、使いやすいといったものがまず多く聞かれます。

仮想通貨の取引は通常利用者同士で行うのですが、それをビットフライヤーが仲介し一定の値段で売買ができるようなサービスまであり、頻繁な値動きや注文が成立するかといった不安な要素がすべて排除された、とても簡単な仮想通貨取引も可能なのです。

サポート体制についても、すぐに対応してもらえた、説明が丁寧だったというような好意的な声がほとんどでした。

一方で良くない評判としては、上でも少し書きましたが取り扱い仮想通貨の種類が少なすぎる、出金や送金にかかる手数料が高いといったものが見られました。

取り扱い銘柄の多さやより安い出金手数料を求めて、他の仮想通貨取引所に口座を開設したり、投資の主軸を移すような人も少なからずいるようです。

まとめ

ここまで、仮想通貨取引所ビットフライヤーの特徴や利用方法、評判などについて書いてきました。
どこに口座を開設するか、仮想通貨取引所選びをする上で参考にしていただければ幸いです。

ビットフライヤー(bitFlyer)開設