イーサリアムクラシックとは?特徴、仕組みを詳しく説明

仮想通貨には、似たような名前の銘柄が数えきれないほどあります。

特にビットコインなどは、その知名度にあやかろう、その後継を目指したいといった流れもあってよくその名前を参考にされ、ビット○○、ビットコイン○○といった仮想通貨が多数生まれることになりました。

そんな似たような名前の仮想通貨は、全く関係ない銘柄の模倣だけでなく、ある仮想通貨の分裂によっても新しく生まれることがあります。今回はそんな事例のひとつ、イーサリアムクラシックを取り上げ、その特徴や将来性について見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

イーサリアムクラシックとは?


イーサリアムクラシックは、2016年に公開された比較的新しい銘柄で、発行上限は2億枚前後とやや多め、仮想通貨の人気の、ひとつの指標と言える時価総額ランキングでは20位前後につけています。

その名前の通り、世界で2番目に人気な仮想通貨であるイーサリアムとのつながりが極めて深い仮想通貨です。

単にそれを参考にして作られたというものではなく、イーサリアムの運営が現在のイーサリアム運営とイーサリアム運営に分かれたという過去を持っています。

イーサリアムクラシックが作られた背景


では、なぜかつてのイーサリアムの運営が2つに分かれてしまうような事態になったのでしょうか。

実は、イーサリアムのプラットフォーム上で仮想通貨が盗まれるという事件が起き、その対応が大きな原因となっているのです。

イーサリアムは、ビットコインのような決済をメインの機能として作られた仮想通貨とは異なり、様々な機能を持つ多用途のプログラムです。

その中で、新しい仮想通貨を作り上場するというICOが行われることとなりました。
期待もあって集まった資金は150億円近く、しかしながら、そのおよそ半分がハッキングによって盗まれてしまったのです。

この事件の対処法は、大きくわけて2つが考えられました。ひとつはハッキングを受けた記録を消去して、その少し前のデータからやり直すというもの。

もうひとつはハッキングを受けた記録を残しそのまま運営を続け、今後の教訓にするというものです。

運営者の中でも、汚点がない方が今後の利用者確保に有意であると主張する人もいれば、仮想通貨は中央集権でないことが大切なのだから管理者権限を持ちだして記録を消去するようなことは控えるべきだという人もおり、議論は紛糾します。

最終的に意見がまとまらなかったことから、記録を消去しやり直すイーサリアムと、記録を残したままのイーサリアムクラシックに分かれることとなったのです。

イーサリアムクラシックの特徴

イーサリアムクラシックには、その仕組みや持っている機能がイーサリアムとほぼ同じであるという大きな特徴があります。

イーサリアムのシステムを模倣したどころか、そっくりそのまま名前だけを変えたものなのですから当然と言えるかもしれません。

イーサリアムの売りであるスマートコントラクトやコインの発行、ゲーム開発などは全てイーサリアムクラシックでも行うことができます。

唯一違う点としては、運営者のスタンスを挙げることができるでしょう。

事件の記録を消さずに残すことを選んだ人達で構成されるイーサリアムクラシック運営は、仮想通貨の運営に介入することをあまり好まず、極力その動きを手出しせずに見守るという傾向があります。

また、かつてのような事件を繰り返さないようにとの意識も強く、セキュリティの強化にかなり積極的であるとも言われています。


スポンサーリンク

イーサリアムクラシックのメリットとデメリット

イーサリアムとほとんど同じながら、運営者の考え方などでその個性を持つイーサリアムクラシック。

それを持つことにはどんなメリットとデメリットがあるでしょうか。

イーサリアムクラシックのメリット


まずメリットとしては、完成度が高く有用性も確立されている機能を多数持っているという点があります。

契約をスピーディーかつ低コストで行えるスマートコントラクトはもちろん、様々なアプリを開発し動かすものや、オリジナルのコインを作成できるもの、どれもすでに利用者が多い、人気の機能となっています。

新しい仮想通貨などはそれらを新しく開発しなければなりませんが、イーサリアムクラシックはイーサリアムから分裂したおかげで、その全てを引き継ぐことができたのです。

イーサリアムクラシックのデメリット


デメリットとしては、機能が似すぎているがゆえに、イーサリアムとの競争から逃れることができないという点があります。

一見すると仮想通貨には仕組みも機能もそっくりな銘柄が沢山ありますが、よく見ると細かい部分で様々な違いがあり差別化されているものです。

しかしイーサリアムクラシックは、イーサリアムのコピーと言ってもいい存在のためその差別化がほとんどできません。

運営者のスタンスは異なるものの、それだけでは多くの利用者にとって両者を区別する決定的な差にはならず、どちらを買うか悩んだ末に利用者の多いイーサリアムを選んでしまうような人が生まれやすいという点に課題があります。

イーサリアムクラシックの将来性


イーサリアムとの差別化が焦点となるイーサリアムクラシックの将来性ですが、運営者によって徐々にその違いが作られつつあります。

2018年5月にイーサリアムクラシックはシステムを改良し、よりマイニングを行いやすい仮想通貨になりました。これだけでは小さな違いですが、このようなイーサリアムとの差別化への取り組みを運営が今後も続けていった場合、イーサリアムクラシックの特徴というものは徐々に確立されていくでしょう。

その中でイーサリアムとの大きな違いとなり、イーサリアムよりもイーサリアムクラシックを利用したいと多くの人に思わせるような個性が作られ、イーサリアムクラシックの人気に火がつく可能性は決して低くないと考えられます。

まとめ

ここまで、イーサリアムクラシックの特徴や将来性について書いてきました。
イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分裂して生まれた、ほとんど同じ特徴を持つ双子のような存在です。

しかしながら今後の新しい機能の追加によっては、イーサリアムとは異なる独自性を持った仮想通貨へと成長していくことも期待できるかもしれません。