ライトコイン(Litecoin)とは?特徴と説明


ライトコインの記事ですがライトコインの説明の前に仮想通貨の復習も込みで記事を書きました。
ここではライトコインの特徴と将来性。
またメリット、デメリットについて調べた事を記載してあります。


スポンサーリンク

仮装通貨の復習

ライトコインに興味があるほどの皆さまなら当然しっている仮想通貨。
でもちょっと復習しましょう。

仮想通貨と日本ではよく言われています。
テレビや新聞、雑誌、Webでも仮想通貨の話題にはことかかないですね。
でも英語の表現では「暗号通貨」といいます。

仮想通貨の原理を知るとこの「暗号通貨」という表現の方が説明するのに便利です。
なぜ、仮想通貨が暗号通貨とよばれるのか?
それは実際に暗号を使っているからです。

仮想通貨ではブロックチェーンという技術で取引の記録を残しています。
これはいくつかのまとまり「ブロック」となっているのですが、そのブロックが以前のどのブロックと接続されるかという部分で暗号を使って分からなくしているわけです。

正しい取引に接続していなければ取引できません。
ここでは暗号とブロックの生成を学びました。
次にライトコインい関して記載しましょう。

ライトコイン(Litecoin)とは?

さて、本題のライトコインについてです。

ライトコインのイメージ

ライトコインって聞いてどんなイメージでしょうか?
ライトっていうから光るとか。
ライトっていうと他に軽いっていう意味がありましたよね。

ライトコイン開発者 チャーリー・リー氏によると
「ビットコイン (Bitcoin) をより早く簡単に使えることを表現する名前にしたく、Litecoin と Lightcoin を検討した。」ということです。
「light は電球の光も意味するのであまり好ましくなかった。」とのことなので軽いとか手軽という意味でしょう。

ドメインの関係からLitecoinに決定したそうです。
ビットコインとの関係がありそうですね。

ビットコインとの関係

ライトコイン開発者 チャーリー・リー氏は「ビットコイン (Bitcoin) をより早く簡単に使えること」を目的にライトコインを開発しました。
よく「ビットコインは金でライトコインは銀」と表現されます。
これは昔、金貨は少量で高価だたっため日常使いには銀貨が使われていたことから表現されているようです。
ビットコインより日常使いに適した仮想通貨これが「ライトコイン」といえるでしょう。

ライトコイン(Litecoin)の特徴と仕組み

ライトコインはビットコインより日常使いに良いと記載しました。
日常使いに便利とはどういったものでしょう。
先の金貨と銀貨も関係からも推測できそうです。

金貨は高価でも少量です。銀貨は金貨より価値は劣るものの量は十分にあります。
通貨量がポイントになりそうです。
また、便利さは速さでもあります。

同じサービスを受けるなら早い方が良いですよね。
量と速さこれがキーでしょうか。

特徴と仕組み

ライトコインの特徴はビットコインより多く発行されていることです。

これはビットコインのインフレ率を計算してライトコイン開発者 チャーリー・リー氏が「ビットコインの4倍」に設定いたしました。

次に速さですげ、先のブロックという説明をしました。
この取引の記録をライトコインはビットコインの4倍の速度でブロックに記載できるようです。

ビットコインが10分かかるところを約2.5分で大丈夫とのことです。

ライトコインはビットコインの4倍の発行量と取引でも4倍の速度を実現している。
速さと量。

ライトコインはいいことずくめのようですね。
本当でしょうか?


スポンサーリンク

ライトコイン(Litecoin)のメリットとデメリット

ライトコイン(Litecoin)のメリットとデメリットはどんな感じなのかみてみましょう。

メリット

先にも記載した通り、ビットコインより量と速さでまさっており、
実際に使える仮想通貨ということです。
また、Segwitという技術が使われています。

これはブロックに書き込まれる取引の情報を圧縮できるという機能です。
パソコンやスマホの複数のファイルをひとまとめにしますよね。
同じような意味でより多くブロックに取引を記述できます。

デメリット

少し前に作られた仮想通貨ですし、その後開発された仮想通貨より機能は劣るところがあります。

ただ、以前から流通しているのでそれだけ通貨としての信頼性があります。
また、あくまでビットコインをサポート。

ビットコインが手に入らない人たち向けの仮想通貨なのでビットコインの拡大にかかっている「依存」の部分があります。
「承認時間が短い」「決済スピードが速い」はメリットですがデメリットになる可能性があります。

データを改竄しやすいということです。
改竄があったわけではないのですが、細部を見逃すのではとも言われています。
また、「決済スピードが速い」ため取引記録のブロックがたくさん繋がっていくのでデータが巨大になりやすいと言われています。

ライトコイン(Litecoin)将来性

ライトコインの現在と未来両方をみていきましょう。

ライトコイン(Litecoin)の現在

ライトコインはライトイングネットワークで、ブロックチェーン抜きでの個人間での通貨送受信に成功しました。
本格的に導入されると少額でのライトコインの取引ができるようになるため、取引額が増大することが見込まれます。

そこで価値が昨年上がりました。

ゲーム配信サービスsteamで決済手段として導入
ゲーム配信サービス「steam」で決済に使われ始めたことでさらに高騰しました。
パソコンゲームソフトを店頭で見かけなくなて久しいですが、通信を通じてゲームソフトの配信などが行われていて、世界的なシェアを持っています。

ライトコイン(Litecoin)の未来

ライトコインは2019年にマイニングの半減期になります。
価格は高騰するとは言われています。
ただ、2018年の暴落以来根を下げています。
現在は安定しているものの予断を許しません。

ライトコインは以前より流通している仮想通貨だけあって信頼性の背景には数々の技術と配慮があります。
ただ、暗号の強度に不安をもつ向きもあります。

仮想通貨は暗号通貨です。
暗号が全てとも言えるでしょう。

仮想通貨は1種類は株でいう1銘柄なので上がり下がりは顕著です。
リスクの分散のためにも複数の仮想通貨に投資すべきと考えます。

まとめ

ライトコインについて記載してきました。
ビットコインを代わり、サポートというもののどうしてどうしてなかなかの技術力の仮想通貨です。ライトコインのメリットとデメリットを踏まえ、仮想通貨投資を楽しんでください。


 スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする