すぐに理解できる!ブロックチェーンの仕組みと理論を詳しく説明

仮装通貨は、通貨や紙幣といった実物の無い、データだけの存在です。そのため、偽札を作られるような危険はありません。しかしながら、データそのものを改ざんされて、盗まれたり、使えなくなってしまったりするようなことはないのでしょうか。

仮装通貨の存在が世界で知られるようになったのはここ数年のことですが、それでも少なくないハッカーが仮装通貨のセキュリティに挑み違法にお金を稼いだり、自分の力を見せつけようとしました。しかしながら、驚くべきことに仮装通貨はそういった悪質な攻撃をことごとく跳ね返し、安全を保ち続けています。

仮装通貨がそれ自身へのデータの改ざんといったハッキングの被害を受けていない理由、それは仮装通貨の根幹に当たる、ブロックチェーンという仕組みにあります。ここでは、仮装通貨を安心して取引する上で大きな役割を果たしているだけでなく、様々な機能への応用も期待されているブロックチェーンについて、その仕組みを中心に解説をしていきたいと思います。


スポンサーリンク

ブロックチェーンってなに?


ブロックチェーンとは、ビットコインやイーサリアムをはじめほとんどの仮装通貨が持っている仕組みです。いくつものブロックを鎖でつないでいるようなシステムであることからこの名前がつけられたと言われています。
ブロックチェーンを一言で表すと、取引を複数の場所で同時に管理、記録するシステムと言えるでしょう。鎖でつながったようなプログラムは、仮装通貨の取引などがあるとそれをいくつもの部分で同時に処理します。このことによって、一か所がハッキングを受けたとしてもそのほかの場所に正しいデータが残っていることから本来のものを簡単に復元できるブロックチェーンの安全性が生まれているのです。

ブロックチェーンをもっと詳しく

ブロックチェーンは、取引の記録であるブロックとそれらをつなげるチェーンで構成されています。仮想通貨などのやり取りが行われるたびにその情報を保存したブロックが増えていき、ブロックチェーンは大きく成長していくのです。
この時、増えたブロックはつながなければならず、その処理には取引量が多いほど大きなマシンパワーが必要となります。そこでこのブロックをつなげる作業を一般の人にも手伝ってもらう仕組みであるマイニングが生まれることとなったのです。

みんなで共有できる台帳


ブロックチェーンは、その仮装通貨のすべての取引記録を自動で残してくれます。そのため、一人一人がいくらのやり取りをしたということを細かく記録する必要はないのです。必要となったら、その共有台帳から自分の取引記録を探すだけの便利な機能となっています。
セキュリティが不安視されるシステムだった場合、その共有台帳を改ざんされる危険性もありますが、ブロックチェーンは非常に高い安全を持っているため、そういったこととも無縁。金庫に入れるよりも安全に取引記録を保管していくことができるのです。


スポンサーリンク

世界中で支え合っている

通常インターネットのホームページやサービスなどは、一か所にそのサーバーと呼ばれる拠点があります。情報をまとめて管理しているためその追加や修正はとても簡単に行うことができるのですが、その分そのサーバーに何かのトラブルがあるとホームページが見られなくなってしまう、サービスが利用できなくなってしまうといった大きな影響が発生してしまうのです。

一方、ブロックチェーンで運営される仮装通貨には明確な一か所の拠点がありません。仮装通貨のシステムはホームページのように頻繁に更新する必要があるわけではなく、そもそも運営者がはっきりしていないような場合もあるため、中央集権のような仕組みを取る必要が無いのです。

そして注目すべきは、そのことによる大きな安定性になります。ブロックチェーンには拠点となるサーバーが無く、世界中のパソコンがそれを支えているため、そのうちの一つが故障したとしても大きなトラブルに巻き込まれるようなことはありません。これはサーバーのトラブルによって仮装通貨の取引ができなくなってしまうといった事態を防いでくれる、とても大きなブロックチェーンのメリットです。

みんなで監視している


ブロックチェーンが取引の記録を分散管理していることはここまでに書いてきましたが、その取引の記録は当然ブロックチェーン上に残されています。そしてそれは、銘柄にもよりますがほとんどの場合一般人であっても簡単に外から見ることができるのです。

誰から誰へ、何日の何時何分に仮装通貨がいくら送られた。一見すると、統計情報を取得したいような研究者でもない限り見る必要性はほとんどない情報の様に思われます。しかしながら、これは犯罪に仮装通貨が用いられることを防ぐうえで重要なデータとなっているのです。

現実の通貨を使うとすぐにバレて捕まってしまうことから、仮装通貨を使って違法な薬物や武器の取引を行おうとする動きは仮装通貨が世に広まるのと同時に生まれました。けれども仮装通貨の取引記録はすべて記録されており、誰から誰に渡って行ったのかという一連の流れをすべて追うことができるため、犯罪に用いられた場合犯人逮捕につながる重要な要素となるのです。
実際に昨年、取引所から仮装通貨の盗難を行った犯人がその記録を辿ることによって逮捕されました。誰しもが取引記録を見ることができるので、犯罪への悪用を阻止することができる。これもブロックチェーンの優れたポイントの一つです。

まとめ

ここまで、仮装通貨の根幹を支える仕組みであるブロックチェーンについて書いてきました。特定のサーバーや拠点を持たず、世界中で取引記録をはじめとする情報を分散管理するという仕組みはこれまでにない新しいものであり、理解も少々難しいかもしれません。

しかしながら、仮装通貨の成長によってその有用性が証明された今、ブロックチェーンは様々な分野への応用が期待される、将来性の高いシステムとなりました。そのため、仮装通貨以外の世界においても不意にその名前が登場したり、ブロックチェーンの仕組みを使ってなにかをすることになる可能性も十分にあるのです。
この記事を読んで理解することでブロックチェーンについての基本を知り、今後その知識が必要になった場面などでそれをいかしていただければと思います。