ADA(エイダ/カルダノ)とは?特徴と今後について

仮想通貨は発行するのに特別な許可などが必要ないことから、現在も日々新しい銘柄が生まれ続け、その数は千を優に超えています。

しかし、その中で多くの人に名前を知られている銘柄はビットコインをはじめとする数種類だけ、ほとんどの銘柄の知名度は非常に低いのです。

けれども、知名度が低いそれらが珍しい機能や特徴がない、似たようなものばかりかと問われればそうではありません。実に個性豊か、様々な仮想通貨が名前こそあまり知られていないもののこの世の中には多数存在しているのです。

今回はそんな仮想通貨の銘柄の一つ、ADA(エイダ)を取り上げ、その特徴や将来性についてみていきたいと思います。


スポンサーリンク

ADA(エイダ)とは?

ADAは、2017年10月に公開された仮想通貨です。開発者はイーサリアムの開発にも携わったチャールズホスキンソン氏であり、一般的な仮想通貨と同じくブロックチェーン技術を採用、運営はカルダノ財団によって行われています。その名前は、世界で初めてコンピュータープログラムを作成した女性貴族、エイダ・ラブレスから取られているようです。

ADA(エイダ)の特徴と仕組み

そんなADAの大きな特徴は、オンラインカジノで利用できる仮想通貨であるという点です。カジノの運営に費用がかかるため、どうしても現実のカジノは同元の方が勝ちやすく、利用者は勝ちにくくなっています。

それはオンラインカジノにおいても同じで、インターネット上ということもありより見えない形で、ユーザーは賭け事の勝負に負けやすく設定されているのです。
それに異議を唱えたり、不満を感じる人はこれまでにも少なからずいました。

しかしながら、公平さを保障する仕組みというものを作ることは極めて難しく、フェアなネットカジノを作ろうという動きはたびたび立ち消えとなることになります。そんな中で、仮想通貨のブロックチェーンを用いることができないかという発想が生まれました。

仮想通貨のブロックチェーンは、複数の場所でデータの同時管理をあ行い、その取引を記録しデータを公開することで安全性が保たれています。この仕組みを利用することで、カジノが運営者と利用者それぞれに対して平等に、公平に行われているかを示すことができる仮想通貨として作られたのがADAなのです。

ADA(エイダ)を使用できる取引プラットフォームとは?

フェアな運営を目指して作られたADAを使って、カジノを楽しむことができるのがカルダノと呼ばれる取引オンラインプラットフォームです。

カルダノという取引プラットフォームについて

カルダノではオンラインカジノはもちろんのこと、オンラインゲームも多数運営されていて、ADAを支払うことによってそれらを楽しむことができます。

カジノはもちろん、オンラインゲームでも運営側が有利に設定されていたり、攻略がほとんど不可能な設計がされていて、プレイヤーに不利であるようなものは数多くあります。

カルダノではADAを利用することによって、カジノの公平性と同時にゲームについてもその平等さを担保することが可能なのです。そのため、公平でなければその魅力が半減してしまうEスポーツのような世界に用いられることも期待される存在です。

ADAの魅力

ADAの魅了についてです。

ADA(エイダ)魅力1

公平なカジノやゲームを楽しめること以外にも、ADAにはいくつかの魅力が存在します。ひとつは、イーサリアムと同じくスマートコントラクトを実行することができ、契約の無人仲介が可能であるという点。

ADA(エイダ)魅力2

そしてもうひとつは、利便性に優れた仮想通貨ウォレット、Daedalous(ダイタロス)を持っているという点です。

ADAのスマートコントラクトはイーサリアムをはじめ他の仮想通貨が持つものとほとんど同じ機能であるため、ここではADAの仮想通貨ウォレットについて、少し詳しく見ていきたいと思います。

ADAウォレット Daedalous ダイタロス


一部の仮想通貨には、公式サイトなどでその保有や取引に便利な仮想通貨ウォレットが用意され、無料でダウンロードし利用できるようになっています。Daedalousもそのひとつで、仮想通貨ADAはもちろんのこと、ビットコインやイーサリアム、イーサリアムクラシックも管理できる仮想通貨ウォレットです。

その特徴としては、送金速度の速さとゲームとの連携という二つがあります。

仮想通貨を取引所や他の人に送る際にかかる送金時間、Daedalousはそれを極めて短くすることができるので、仮想通貨を頻繁にやり取りする人ほど便利に感じるでしょう。また、ゲームと連携し、ゲーム内で稼いだADAを簡単にウォレットに送ったり、逆にウォレットから直接ゲームに送ることができるように設計されているのも他の仮想通貨にはない、面白い特徴です。


スポンサーリンク

詐欺コインと言われていた過去

そんなADAは、公開当初詐欺コインと呼ばれ嫌う人も多くいました。それは結局根も葉もない噂に過ぎなかったのですが、いくつかの要素が絡み合い、そう見えてしまったのが原因とされています。

公開当初の価格が仮想通貨の新規上場としてはかなり高めであったこと、日本限定の先行販売だったこと、宣伝がやや過激なものであったこと、バーチャルオフィスを使っていたこと、トラブルにより公開が半年以上遅れてしまったこと、これら一つ一つは他の仮想通貨にも当てはまるような些細な問題ですが、同じ銘柄において一度に起きたために、多くの人から詐欺なのではないかという疑いの目で見られてしまったのかもしれません。

ADAの今後と将来性

仮想通貨の将来を占ううえで最も大事なのはその実用性です。投資に使う以外の用途がないような銘柄の場合、その価値はブームなどで多少上がることはあっても最終的には低く落ち込むことがほぼ確実であるために、未来はないでしょう。

けれどもADAには、オンラインカジノで利用できるという大きな実用性があります。

カジノ以外にも、オンラインゲーム、スマートコントラクトなど、複数の機能を持ち合わせていることから、どれか一つで問題が発生したとしてもそのほかで補うことができ、安定性も極めて高いのです。

実際に公開以降ADAの価格は一気に上昇し、新規の仮想通貨ということで値動きは激しいものの全体として見れば値上がりを続けています。
まだまだビットコインやイーサリアムなどと比べてその単価が極めて安いことも、値上がりが期待できる一つの要素です。

まとめ

ここまで、仮想通貨ADA(エイダ)について、その特徴や機能、将来性を見てきました。これまではその名前を全く聞いたことがなかったような人であっても、他の仮想通貨にはない面白い特徴を持つ銘柄であることから、興味を持っていただけたのではないでしょうか。

もしADAに投資をしたり、ADAを使ったカジノやゲームを利用するようなことがあれば、ここに書いたことを参考にしていただければ幸いです。