仮想通貨で二段階認証!落とし穴

仮想通貨自体には、ほとんどの場合非常に強固なブロックチェーンと呼ばれるセキュリティーシステムが備わっています。

どれだけ強力かというと、どんな凄腕のハッカーであってもこれまでに一度もそのセキュリティーを突破し内容を書き換えるようなことができていないというほど。

このデータの改ざんなどをされる心配がないという安全性の高さが、仮想通貨が人気になるうえで一役買っているのは間違いありません。

しかし、そこには大きな落とし穴があります。それは、仮想通貨自体は極めて安全であるものの、その取引を行う取引所のセキュリティーはパスワードを入力するだけの旧来から続く簡単なものであるということです。

そのため仮想通貨にハッキングするのは困難でも、パスワードを解読してしまえば簡単に取引所に他人に成りすまして侵入し仮想通貨を盗めるということが明らかとなり、多数の盗難事件が発生することになってしまいました。

ここでは、そんな事態に巻き込まれることを防ぐための方法、二段階認証について書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

二段階認証とは?

取引所にログインする際に、メールアドレスやパスワードを入力することが認証です。しかし、これではパスワードやメールアドレスを解析されてしまうと、簡単に別の人に自分のアカウントを乗っ取られてしまうことになります。

そこで、メールアドレスとパスワードの入力に加えてもう一つ、別の認証方法を行わなければログインができないようにすることを二段階認証と言います。

仮想通貨取引所以外でも、ネットバンクなどお金を扱う場所を中心に、近年になって急速に広まってきた安全のための新しい取り組みです。

必ず二段階認証は必須セキュリティー

しかしながら、この二段階認証をしっかり行っている人は決して多くありません。その理由は簡単で、二段階認証を行うにはどうしても手間がかかるからです。

メールアドレスとパスワードの入力だけであれば、それこそブラウザにそれらを記憶してもらえば一瞬で取引所にログインし、仮想通貨の売買を始めることが可能です。

特に急激な値上がりや値下がりが起きている際には、一秒の遅れが数万円、数十万円単位の損につながりかねないことから、いちいち面倒な二段階認証をやりたくないという人の気持ちも確かにわかります。

安全対策を怠った結果として、せっかく稼いだお金を他人に盗まれてしまっては話になりません。
上でも書いたように、メールアドレスとパスワードだけの認証はとても脆弱、手練れの犯罪者には簡単に突破されてしまいます。多少面倒でも二段階認証は必ず行い、自分の大切なお金を守りましょう。

スマートフォンでの設定方法

仮想通貨取引は、パソコンだけではなくスマートフォンでも取引所にログインし、それを行えることが魅力です。そのため、ほとんどの人がスマートフォンを使って仮想通貨を売買していることでしょう。

そんなスマートフォン向けに、「Google Authenticator」という便利な二段階認証アプリが無料で用意されています。このアプリを使えば、だれでも簡単に二段階認証を設定することができるのです。

使い方は、まずアプリをインストールして、取引所ごとに用意されているQRコードをスマートフォンのカメラを使って読み取ります。

すると、その取引所にログインする際に必要な二段階認証アカウントが追加され、六桁の数字が表示されるため、それを取引所の指定の欄に入力することで設定は完了です。この数字が三十秒ごとに変化するのがポイントで、頻繁に変わる番号を短時間で特定することは極めて難しいため、自分以外の人によるアカウントの乗っ取りを防ぐことが可能となっています。


スポンサーリンク

必ずバックアップはしよう!

多少手間はかかるものの大きな安全を得ることができる二段階認証ですが、時には自分自身のログインもできなくなってしまう、諸刃の剣となることもあります。

なぜかというと、「Google Authenticator」というアプリは端末に紐づけされるタイプのもののため、スマートフォン端末自体をなくしたり、壊してしまったりすると二段階認証も行えなくなってしまうのです。

そしてそんな場面であっても、取引所に設定した二段階認証を行うという設定が自動で解除されるようなことはありません。

つまり、必要な六桁の数字が自分にもわからず、誰にもアカウントにログインできない状況になってしまいます。

そうなった場合の対策として、二段階認証を設定する際には十六桁の数字が復旧用として表示されています。

この数字を入力することで、端末が使えなくなったということが伝わり、二段階認証を新しいスマートフォンでやり直すことができるようになるのです。

この数字は最初の二段階認証登録の際にしか表示されず、当たり前ですが一人一人異なる番号であるため、必ずキャプチャをして、スマートフォン以外の場所に保存しておくようにしましょう。

二段階認証の注意点

上で書いたように、二段階認証をする際には端末の紛失や故障のほか、機種変更にも注意が必要です。

使い始めて数年程度でも故障して修理不可能になる可能性は十分にありますし、新品であっても常にそれをなくしてしまうリスクはつきまといます。

二段階認証に慣れたせいですっかりそのことを意識しなくなっていて、機種変更をしてみたら新しくアプリをインストールしなおしてもログインができないことに困ってしまう、そういった事態も十分に想定できるでしょう。

とにかく大事なのは、端末が変われば「Google Authenticator」での二段階認証は行えなくなってしまうということです。

そのことさえしっかり理解しておけば、仮想通貨取引所にログインができなくなって慌ててしまうようなこともなく、冷静に対処することができるでしょう。

再設定 復元方法

端末が変わったといった理由で二段階認証の再設定をする際には、まず上で書いたように十六桁の数字を入力し、アカウントにアクセス、一度二段階認証を解除する必要があります。

なぜなら、設定されている二段階認証はこれまで使っていた端末専用のもので、新しいスマートフォンでは使えないからです。

一度解除した後、前の端末と同じ方法で再度新しい端末に二段階認証を設定しなおす、それによって仮想通貨取引所の二段階認証を復元することができるでしょう。

まとめ

ここまで、二段階認証の方法や注意点について書いてきました。読んでいて、設定が面倒だったり、端末が変わった際の復元が面倒だったりと、やりなくないなと感じてしまった人もいるかもしれません。

しかしながら、自分のお金を守るうえでこの二段階認証は欠かせません。ぜひしっかりとこれを行って、安心して仮想通貨取引所を利用しましょう。