イーサリアム(EHT)とは?サクッと読んでも理解できる簡単説明書

仮想通貨の利用者の多さを表す時価総額、そのランキングでビットコインに次ぐ世界第2位を誇るのがイーサリアムです。

しかしその知名度はビットコインと比べるとかなり控えめ、知らない人も多いのではないでしょうか。
ここではそんなイーサリアムについて、概要や特徴を書いていきたいと思います。


スポンサーリンク

イーサリアム(Ethereum)とは

イーサリアムは、2013年に作られた仮想通貨の銘柄のひとつです。専属の開発チームが現在も置かれていて、その機能の追加や改良が日々行われています。

時価総額は先ほど述べたように世界第2位と高く、大変多くの利用者が世界中にいる人気の存在です。そのため日本のほとんどの取引所にも上場しており、沢山の人がイーサリアムへの投資を行っています。

イーサリアムの特徴

イーサリアムの特徴は、その機能がとても豊富であるという点です。

通貨として使うことももちろんできますが、自分のオリジナルのコインを作る、イーサリアムをプラットフォームとするゲームをプレイする、イーサリアム上で契約を発行するなど、実に様々なサービスを持っています。

利用者はイーサリアムを購入し支払うことによってそれらの機能を利用することができます。一つの代表的な機能はスマートコントラストですね。

スマートコントラスト

上で書いた機能の中でも特に有名なのが、イーサリアム上で契約を発行する機能、スマートコントラクトです。

この機能のポイントは、契約をイーサリアムが自動で仲介してくれるため、それにかかるコストや時間を節約しつつ安全性も保たれるという点にあります。

通常ある人が別の人との間に契約を結ぶ際には、第三者がその間に入って仲介をしなければなりません。

しかしスマートコントラクトではそれが無人で行えてしまうということで、企業を中心に注目が集まっているのです。

イーサリアム≠仮想通貨って知っていた?

イーサリアムは多くの人が仮想通貨と認識しており、仮想通貨取引所で購入することもできますが、厳密には仮想通貨ではなく、様々なアプリケーションを動かすことができるプラットフォームの名前です。

イーサリアムプラットフォーム上では先ほど書いたようなオリジナルコインの作成、ゲームの運営とプレイ、契約の実行など、様々なアプリケーションを動かすことが可能となっています。

そして、それらを利用する際の支払い手段として、仮想通貨「イーサ」というものが作られました。

なので、我々がイーサリアムだと思って購入したり、取引しているものは実はイーサリアムではなくイーサだったのです。

しかしながら、厳密にイーサリアムとイーサを区別する必要はほとんどないため、この知識を覚えていなければならないというわけでは全くありません。

それどころか似た名前でかえって混乱してしまう可能性もあるため、イーサリアムは色々なアプリを動かせるプラットフォームであり、その中のひとつには仮想通貨の機能も持つ、といった程度の認識でも良いでしょう。


スポンサーリンク

ビットコインとイーサリアムの違い


ビットコインとイーサリアムは、時価総額ランキングで1位、2位と並ぶどちらも有名な存在、そんな両者の違いには、イーサリアムの特徴と大きく関係しています。

ここで、ビットコインについて少し知っている人はピンと来るかもしれません。そうです、ビットコインには通貨以外の機能は基本的にないのです。

ビットコインの用途は、インターネット上のネットショップでの買い物や海外への送金、それから仮想通貨投資程度、イーサリアムのようにコインを発行したり、契約の仲介をするような機能は持っていません。

通貨としての役割に特化したビットコインと、様々な役割を持つイーサリアムと区別して捉えると良いかと思われます。

イーサリアムのメリットデメリット

ここでは、そんなイーサリアムのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきたいと思います。

メリット


イーサリアムのメリットはその機能の多彩さ、そして実用性の高さにあります。様々な機能がただあるだけでなく、それを多くの人が既に利用しているのです。

特にゲーム開発プラットフォームとしての人気は大変高く、イーサリアムを利用して作られたゲームアプリは数えきれないほどあります。

その用途が多いために機能の内のひとつで問題が起きたとしても全体への影響が少ない、既に実用化され一定の顧客と需要を得ているため極端な値段の暴落が起こりにくい、これらのメリットから、イーサリアムは極めて安定した仮想通貨に仕上がっていると言えるでしょう。

デメリット


イーサリアムは過去に一度盗難事件に遭い、その対処をめぐって運営者間で対立、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分かれるという事件が起こりました。

しかしながら、この盗難事件がイーサリアムのデメリットに繋がるかは微妙なところです。

どの仮想通貨も盗難事件に遭う可能性は当然あり、システムなども似通っている以上、イーサリアムだから盗まれた、他の仮想通貨なら盗まれなかったと言えるわけではないのです。

過去の事件以外、その特徴や仕組み、値段の変動を見ても、特にイーサリアムのデメリットと言えるようなことは見当たりません。

しいて挙げるとすれば、既に成長し安定しつつある仮想通貨であるためこれ以上の値上がりは望みにくいこと、似た機能を持った新興の仮想通貨が多く登場しているため、今後はそれらとの競争をせねばならないこと、などでしょうか。

確かにスマートコントラクトのような有名な機能も、もはやイーサリアムの専売特許ではありません。多くの仮想通貨が全く同じもの、あるいは非常に似通った物を持っているのです。

しかしながら、時価総額が世界第2位であるという他の仮想通貨にはない知名度の高さがイーサリアムの大きな強みとなっています。

利用者の数が多いため、同じ機能であれば無名な仮想通貨よりも皆が使っているイーサリアムを使おうといった流れになりやすく、他の仮想通貨との競争はイーサリアム側が優位にそれを進めているようです。

まとめ

ここまで、イーサリアムの特徴や機能、メリット・デメリットなどについて書いてきました。

イーサリアムは非常に多機能な存在であるため、直接仮想通貨取引所で買うようなことはなかったとしても、今後それを使って作られたサービスに出会ったり、イーサリアムを実際に利用することになったりすることがあるかもしれません。

そうなった際に、ここで書いたことが役に立てば幸いです。